- 情報 -

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 頭痛
  4. 頭痛 病院で検査して異常なしと言われたら

頭痛 病院で検査して異常なしと言われたら

頭が痛くて病院に行き、脳のCTやMRIを撮影したが、「異常なし」と言われてほっとした反面、なかなか治らない頭痛に悩まされている人は多いのではないでしょうか?

というのも頭痛が主訴の方の多くは緊張型頭痛か片頭痛である事が多いからです。

しかし、頭痛の中には脳の異常や脳血管の異常などの急を要する病気が隠れている可能性があるので、特にそれらの急を要する病気の可能性が比較的高くなっている年配の方達は大丈夫かもと思っても一応病院に行っておきたかったという方は多いようです。

逆に10代や20代の若い人たちは、そう言った脳梗塞などの可能性が低いのでどちらかというと、純粋に頭痛の解決策が欲しくて病院に行ったのではないでしょうか。

そして、どの年齢の方も、多くの場合鎮痛剤を処方してもらって、一旦様子を見ましょうということになりますね。

それで、カロナールやロキソニン等の痛み止めをもらうと思います。それを飲みながら数時間から数日耐えて貰えば痛みは引いてくるというのが、よくある慢性頭痛です。

それで、痛み止めを飲んで、しばらくすると痛みがひいてはくるが、なんかスッキリしなかったり、しばらくして再発したりして、整体や整骨院に訪れる方が多いようです。

では整骨院では頭痛に対してどう言ったアプローチをするのでしょうか?

偏頭痛と緊張型頭痛

自分の頭痛が片頭痛なのか、緊張型頭痛なのか、はたまた違う頭痛なのか、まずはそれを確認しましょう。

緊張型頭痛

緊張型頭痛の特徴は重い痛みや締め付けられるような痛み、鈍痛などの痛み方と時にはだるさなどの倦怠感、気持ち悪いなどの吐き気がある事です。

その他の訴え

  • 額から後頭部にかけて痛む
  • 突然後頭部が痛くなった
  • 頭を動かしてると痛くない
  • じんわり痛む
  • 頭痛で何日か寝込むが少し楽になったらジョギングをすると楽になる
  • 頭痛があり、ものが二重に見えるが、突然治る
  • 両側のこめかみがギューっと激しく締め付けられる

偏頭痛

片頭痛は緊張型頭痛とは対照的に鋭い痛み、ズキズキと脈打つような痛みが特徴的です。

また痛みも割と強い事が多いようです。

片頭痛という名前の通り、頭の片側が痛む事が多いようですが、4割程は両側が痛むようです。

また、強い光や音が嫌になる事もあります。

発作的に痛む事が多く、人によっては前兆があります。

その他の訴え

  • 左目の奥が痛い。吐き気もある
  • お酒を飲むと痛くなる
  • 冷湿布を貼ると良くなる
  • 帰宅後に痛む
  • 酷い時は頭が割れそうなくらい痛い
  • 吐き気、めまい、耳鳴り

薬物乱用型頭痛

薬物乱用頭痛は元々緊張型頭痛や片頭痛がある人が、痛み止めの薬を飲む回数が増える事で頭痛を悪化させてしまっているという頭痛です。

とは言え、酷い頭痛を経験すれば、同じ頭痛に襲われるのは嫌なものです。

薬を飲まないと頭は痛い。しかし、薬は飲み過ぎてはいけない。板挟みでとても辛い状態だと思います。

薬物乱用頭痛は緊張型頭痛でも片頭痛でも起こり得る頭痛になります。

症状は薬を頻繁に飲み始める前の頭痛が強くなったり、薬が効かなくなってきたりします。

多くは医師の管理下にない、市販薬を飲んでいる人が起きやすいと思われます。

とも整骨院の施術について

それでは、自分がどの頭痛のタイプなのかわかったら、とも整骨院での施術についてお話しします。

まず、基本的に先ほどのどの頭痛でも来て頂いて大丈夫です。お体に合わせて施術しますので、気にせず来て頂いて、まずお話を聞かせてください。

話を聞いて、身体をみさせてもらったら、施術に入りますが、頭痛の場合、初回は全身を見てバランスを整える施術になります。

左右や前後でバランスが崩れているところを見つけて、原因を探したらそこにアプローチしていきます。

全身をマッサージする訳ではありません。

あとは話を伺った上で、日常生活で気を付けることを提案させていただきます。

できるだけ実行できるものをご提案したいと思いますので、無理そうだったら遠慮なく言ってください。何かできそうなものを一緒に探しましょう。

2回目以降は1回目の後の反応を伺って、それに合わせて施術していきます。必要そうなら、ローラーを使ったエクササイズを提案させていただく事もあります。

その繰り返しになります。

それで、頭痛の頻度は少なくなると思います。あとは痛くなりやすい行動をした時にでてしまう頭痛が問題になるとは思いますが、運動を始めたり、痛くなりやすい生活習慣をやめる事で改善が見込めます。

片頭痛への施術について

片頭痛のメカニズムは未だに解明されていないのが現状の中で、今特に有力とされているのが、三叉神経血管説です。

これは要するに、頭の中の三叉神経という神経が刺激を受けた時に、頭の中の血管が炎症し、拡張(拡がる)事で片頭痛が発生するという説で、トリプタンという頭の中の血管を収縮させる薬が片頭痛患者に有効という事で、有力とされています。

ちなみにトリプタン は片頭痛患者の50−70%に有効というデータが出ています。

ここで問題となるのは、この説から片頭痛患者は血管が拡張すると頭痛が発生するという事が有力だとされる事です。

ということは、片頭痛患者にマッサージはしてはいけないということになります。マッサージを受けるとリラックスして血管が拡張するからです。

しかし、とも整骨院ではマッサージはダメでもバランスを調整する分には問題ないと考えています。マッサージもバランスを調整するために使います。

薬を減らしたい、薬をやめたい。そのお手伝いもできると思います。

お気軽にご相談ください。

頭痛施術は自費施術となり、初回6600円(税込)です。

ご希望の方はご予約の上ご来院ください。

東京都小金井市貫井南町2−4−7

小金井市、小平市、国分寺市、府中市からアクセス良好です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事