- 情報 -

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上肢(腕)
  4. バネ指の治療

バネ指の治療

こんな症状でお困りではないでしょうか?

  • 指の曲げ伸ばしで、伸ばす時に指が引っかかる
  • 手に強張りがある
  • 指の曲げ伸ばしが痛くてできない
  • 引っかかる指の付け根あたりを押すと痛い

これらはバネ指でよくみられる症状です。


バネ指は手をよく使う中高年の方に多く発症し、最初は指の引っかかりのみで痛みはあまりないことの方が多いです。

しかし、痛くないからといって、気に留めずに手を使い続けていると徐々に指の曲げ伸ばしで痛みが出てきて、指が曲げられなくなったり、伸ばせなくなったりします。

早めの対処が重要です。


とも整骨院の治療


1.正確に患部の状況がわかる超音波画像診断装置

超音波画像診断装置(エコー)を使うことで患部の状態を正確に観察することができます。

患部の腫れの具合や場所を正確に確認します。

上の写真では「通常」となっている方では白いところが「バネ指」となっている方は黒くなっているのがわかるかと思います。


2.超音波治療器

超音波治療機を患部に正確に当てることで、腫れを抑えたり新陳代謝を良くして、治りを促す効果があります。


3.首、肩の調整

指なのに、なんで肩を治療するのかと思われるかもしれませんが、首や肩に緊張があったり、バランスが崩れているとそれが腕の緊張につながり、バネ指の原因になる時があるからです。


4.腕と指の調整

バネ指の原因となっているのは、浅指屈筋と深指屈筋という指を曲げる筋肉です。この筋肉とその周りの筋肉、関節を緩めることで、筋肉の動きをスムーズにしていきます。


バネ指は腱の腫れが落ち着くまでに時間がかかります。その間にできるだけ手に力を入れる回数を減らす努力も必要です。

小金井市のとも整骨院は幹線道路である東八道路、新小金井街道からアクセスがよく、府中市、国分寺市、小平市からもアクセスしやすい立地となります。

バネ指でお困りの方お気軽にご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事