- 情報 -

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 下肢(脚)
  4. ランナー膝の治療

ランナー膝の治療

こんな症状でお困りではないでしょうか?

  • 走ると膝の外側が痛い
  • 走っている最中は痛くないが、その前後に膝の外側が痛い
  • しゃがむと膝の外側が痛い

これらはランナー膝(腸脛靭帯炎)でよくみられる症状です。


ランナー膝(腸脛靭帯炎)はその名の通り、ランナーそれも長距離ランナーに多い膝の疾患です。

腸脛靭帯という太ももの外側にある腸脛靭帯という靭帯が炎症を起こす事で発症します。

原因は使いすぎと言われていますが、その使いすぎにもいろいろあり、

  • 単純に練習のしすぎ
  • 走り方に癖があって腸脛靭帯の使いすぎ
  • 体のバランスが悪くて腸脛靭帯の使いすぎ
  • 足首や股関節の動きが悪くて、膝の使いすぎなど様々です。


この部分の治療では、走るなどの運動量の調整が必要になると思いますが、初期段階なら、練習を続けながら治療できる場合もあります。

ただ、患部のことだけを考えれば、初期段階でしっかり休ませて早く治してしまうのがベストであるという事も言えます。


とも整骨院の治療


1.姿勢・走り方のチェック

ランナー膝の方を見る時に一番気になるのは姿勢と走り方です。

腸脛靭帯を無駄に使いすぎていないか、負担をかけていないかが大事です。


2.膝を含む、骨盤や足首などのバランス調整

太ももの前側の筋肉やお尻の筋肉は硬くなって、うまく機能しなくなると腸脛靭帯に負担をかけます。

その場合には、腸脛靭帯だけでなく、太ももやお尻の筋肉の緊張もほぐしていきます。

バランスが悪く腸脛靭帯に負担がかかっている場合はそのバランスを整えます。


3.超音波治療器

腸脛靭帯の治癒を促進する為に使う場合があります。


4.自宅でのストレッチやトレーニングの指導

治していく上で必要な運動をお教えしますので、ご自宅で取り組んでください。


5.テーピング

必要があれば使う時もあります。無闇にテーピングを使うという事はありません。


小金井市のとも整骨院は幹線道路である東八道路、新小金井街道からアクセスがよく、府中市、国分寺市、小平市からもアクセスしやすい立地となります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)でお困りの方、お気軽にご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事