- 情報 -

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 脚(下肢)のケガ
  4. 足の外側の痛み

足の外側の痛み

先日の話になりますが、足の外側の痛みでお困りの方が来院してくれました。

足の外側というのは今回は足の裏の小指側です。

ここです↓

同じような痛みでお困りの方もいるかもしれませんのでここに記しておきます。

 

症状

その方は何年も前から歩いたり、立っていると足の外側が痛かったそうです。

台所に立っていたり、外出したりすると足の外側が痛くなってくるとのことでした。

これまで、病院や治療院にも何軒か言ったとのことで、病院では腓骨筋炎と言われたそうです。

痛い場所だけではもちろん判断できませんが、今回は腓骨筋炎というわけではなさそうでした。

 

特徴

歩き方や動きを見させてもらうと、立っていると足の外側に体重を乗せていることがわかり、痛いところに強く体重がかかっていることがわかりました。

あわせて、足の縦のアーチはあまり潰れていないですが、横のアーチが潰れていることがわかりました。

 

施術

足の横アーチと外側荷重を変える必要があり、インソールの作成が近道でしたので、ご提案して作成させていただきました。

今回の場合は既成のインソールでは不十分だったので、オリジナルで作ることにしました。

こんな感じで、中敷きの裏に足に合わせてインソールの高さを調整して作成していきます。

インソールを入れてもらうと、歩いたりしても大分良いとの事で、それを履いてもらいながら、何回か施術を続けていくと痛みも治り、治癒となりました。

扁平足障害や後脛骨筋腱炎、シンスプリントや中足骨骨頭痛などはフォームソティックスやスーパーフィートで対応できる事も多いですが、ダメな場合はオリジナルのインソールで対応することで症状を改善できる事があります。

足や膝の痛みにインソールはとても有効です。足や膝の痛みでお困りの方はお気軽にご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事